アップ バック  二重ログハウス施工例 

ログハウス設計⁻インテリアデザインの考察
次
World double walls log house 

Hybrid log house architectural skills with the handmaid log house of a double-wall contexture
Promotion to eco-log house technology



Double walls log house 3D
2020


In a log house design, selection of indoor furniture is very important.

Log house design

上記の写真はフィンランドログの外壁を2重にして、耐力壁を倍にして、強度を補強している。-耐震ログハウス仕様


The log house of Awaji Island
Selection of the interior furniture in a log house design looked for and imported furniture Dahler around Seattle. Especially i
t is in the bed town near Seattle, the furniture of DANIA FURNITURE-LYNNWOOD popular with a young American Desiigner is cheap,
and I have placed the good thing of the sense.
The furniture of this building is DANIA FURNITURE about most. I chose and purchased and carried out container shipment from Seattle.

In antique furniture, the furniture of an oak has a find also in The antique town Snohomish, and it is a place to which the collector of Los Angeles also comes
for stocking in antique.
Oak furniture is considerably equal to the 1 back street as this, and there is a good store. It is said buying the furniture of antique
from London that I have attached.
Since Route5 line (-the road continues to the Canada border-) is north gone by car from the airport in Seattle and it can go in 1 to 2 hours i
f there is an opportunity, we recommend you.
If the entrance of a town crosses an iron bridge and turns at it on the right immediately, ANTIQUE SHOP will be built and locate
in a line with the right and left as a town, and I have put special antique on each store, and many interesting things are on a shopfloor display.
What also has a product cheaper a price than the inside of Seattle and certain is located in a line.
An antique repair specialty store is also in the end of a downtown, and I can also collect components without a store by order.
The antique of the fire-fighting accessories speciality is corrected by the town of the circumference distant for a while.
It is Antique Town with which seeing does not get bored, either.
54'40N122 " Google Earth Down town Snohomish 47" 5'45

ログハウス設計におけるインテリア家具の選択はシアトル市周辺の家具デーラーを探索し輸入した。シアトル近郊のベットタウンにある特にアメリカの若い
デザイナーに人気のDANIA FURNITURE-LYNNWOODの家具は、安くて、センスの良いものが置いてある。
この建物の家具は、ほとんどを、DANIA FURNITURE で選択し、購入して、シアトルからコンテナ出荷した。

 アンテック家具ではThe antique town Snohomishにもオークの家具は掘り出し物があり、antiqueでは、Los Angeles のコレクターも仕入にくる場所だ。
本通りの一本裏通りにオーク家具がかなりそろっていて、良い店がある。ロンドンからアンテックの家具を買い付けているそうだ。
 機会があればシアトルのエアポートから車でR5号線(道路はカナダ国境へと続いている)を北上して1~2時間で行けるのでお勧めする。
町の入口は鉄橋を渡り、すぐに右に曲がると町の通りの左右に ANTIQUE SHOPが建ち並び、、それぞれの店に専門的なantiqueが置いてあり、
店舗ディスプレーに面白いものがたくさんある。価格もシアトル市内よりも安く、製品も確実なものが並ぶ。
ダウンタウンの突き当りに古物修理専門店もあり、店のない部材も注文で集める事が出来る。少し離れた周辺の町にも,消防小物専門の古物がコレクトされている。
見るだけでも飽きないAntique Townだ。
Google Earth Down town Snohomish 47°54’40 N 122° 5’ 45
Interior design

 照明器具は、シアトル市内のSeattle LightingLamp Plusで購入した。床の大理石はイタリアのカララ地方に行き、現地で、輸入し
、グラニット床材は、フィンランドの採石場と工場を、訪問した経験を生かして、フィンランド現地工場に発注した。室内ドアは、レッドシーダーの材質で、
1階室内に、あえて重厚なエクステリアドアを使用した。物置の屋根は、グラスルーフにして、夏の暑さをしのげる工夫を施した。
 温暖な気候の淡路島なので、1階の暖炉で、煙突が、建物中心を抜けることによって、建物全体が十分暖房がとれる効果が生じた。
暖炉のシェルはアメリカ製を使用し、外気は通気ダクトを床に埋設し、暖炉のすぐ近くから、外気の空気を取り入れる方式とした。(FF方式)
 この建物は、米国製のカルデラスパ(カルフォルニア本社)も付いている。アメリカでは、500ドルくらいから、購入できる。
設計初期段階では、ガーデンオフイスとしての設計依頼であったが、将来、各部屋が、VIP GUEST ROOMとして、利用可能となるように、
各ルームごとに、それぞれの部屋に独自の個性のインテリアデザインを採用し、アメリカのコンドミニアムホテルスタイル(Room sharing system )の機能が可能になるように
前述の外ドアロック方式とした。(会議室・キッチン・トイレ・バスルームを共有して利用する方式)
 この建物は1,2階に、別々にキッチンを配置し、但し暖房設備は、建物のセンター部分に設置することによって、1階の暖炉が、上階ロフトまで、
熱が伝わる構造とし、2階会議室は、ロフトではあるが、リビング的な、要素を含ませ、くつろぎの大空間を演出した。
 この後、建物オーナーは造園事業の、新規事業としての、フラワーログハウス淡路島ラ・ウーベ設計を計画する。
これがクラインガルテンとコミュニティのラウーベ設計のスタート地点となった。

 シアトル市郊外には、様々な家具販売店があり、その特色の違いから、インテリアデザイン考察の、助けになる。特にオーク家具は、
アンテックオークファニチャーから新しいものまで、価格も幅広く、いろんな選択技が考えられる。あまり価格の安いものは、貼物が多く、注意することが肝要だ。
輸入する場合は、製品の梱包を、確実にすることだ、古物店は輸出用倉庫を持つ海外運送業者まで、配送もしてくれる。

ロフトダイニング ワンステップデッキステージ ログハウス応接室
エントランスポーチ ロフトドーマー和室 VIP ROOM1

ログハウス設計のインテリア発想転換

Interior way-of-thinking conversion of a log house design

ロフトドーマー寝室1 ドーマー窓とベット1 ロフトベットルーム1

屋根裏部屋1 メゾネット屋根裏部屋1 

DANIA FURNITURE-LYNNWOOD

The circumstances to earthquake-proof and a fire-resistant log house

Double wall Loghouse : since a nordic log house increases the heat insulation effect, the wall is usually made of a double wall contexture. As for an inner wall,
in a log house design, it is common to use the usual wall material (18 mm - @21-mm wall material). Frequently, since the firewood stove had been used,
I stretched inner wall paneling again after fire extinguishing, and the log house of Finland was given to the explanation which I use by the owner also in the Finland
private house which I looked at, even if the fire occurred, although the log house fire had broken out. I am proving [ log house / Finland ] that it is strong
to a fire from ancient times. In the earthquake-proof log house design of our company, while multiple-izing wall intensity by using elegance
for inner wall material like log shell and what is called outer wall log material, I made the heat insulation effect into the contexture
which can increase by leaps and bounds. Furthermore, in order to consider it as a fire prevention log house design, the middle class between logs has strengthened
the fire prevention performance more by packing the granular pearlite of an obsidian system as nonflammable material.

Double walls loghouse :北欧のログハウスは、断熱効果を増すために、通常、壁は、2重壁構造でできている。ログハウス設計では、
内壁は、通常の壁材(@18㎜~21㎜壁材)を使うのが一般的である。
フィンランドのログハウスは、まきストーブが使われてきたので、度々、ログハウス火災が発生しているが、私が見たフィンランド民家も、オーナーから、火災が起きても、消火後、
内壁パネルを、はり替えて、利用している説明を受けた。フィンランドログハウスは、昔から、火災に強いことを、実証してきているのである。弊社の耐震ログハウス設計では、
内壁材を、ログシェル、いわゆる外壁ログ材と同様品を使うことによって壁強度を倍数化すると共に、断熱効果を、飛躍的に、増すことができる構造とした。
さらに、防火ログハウス設計とする為にログ間の中間層は、不燃材として黒曜石系の粒状パーライト(FM3)を詰めることによって、防火性能を、より強化している。
耐震・耐火ログハウス設計

TOHO CORPORATIONは、さらに、日本で、最初のLOG WALL防火認定許可証を、下記のとおり、2001年6月18日に取得することができた、
2.13-.2.14.2001 平成13年2月13日及び2月14日における、合計2回の防火構造-防火性能試験を共に1回でクリアーした
  
 6.18.2001   平成13年6月18日に、日本最初の、ログハウスに対する防火認定
         Permission 国土交通大臣 林 寬子:hiroko hayashi)-国 住 指 第347号
           Minister of Land,Infrastructure and Transport:Hiroko Hayashi(A female minister's name)
を、弊社が単独で、取得
した。その後も、試験センターにおける日本ログハウス協会で、実施した、防火試験体組立作業を何回も、制作の技術協力し、こうした経験を踏まえて、
2重ログハウスの価値観は、載荷強度、防火性能は、ともに、最強で安全な建物なものになると思われる。
しかし最も注意すべき点は、ログシェル製品品質管理と、製作積み上げ精度に対して、相当の注意を払って、仕上げなければならない。
弊社の防火試験体は、35分たっても、非加熱側に発火は見られなかったが、試験場の消火設備の関係で、35分で終了させ、試験体を、発火装置から脱着したが
、消火作業の終了後も、非加熱側には、何らの、燃焼痕は見られなかった。すでに記録時計は延べ時間55分を過ぎていた。燃焼変化部分は、燃焼深度35mmで、止まっていた。
ログシェル厚さの1/3だけ燃焼したのである。
しかし、こうした成果を生むためには、ログレイヤーごとの厳しい品質チェックと、スリットの均一性、乾燥平均度さらに、ログ製作技術の正確性と、きめ細かい組上げ技術によって、
初めて、防火ログハウスの安全性と性能が確保できるのである。国土交通省は、防火ログハウスに対する安全品質管理と、施工管理体制を、厳しくチェックしている。
これが最も重要な管理体制と確信する。
 
上記の建物は、建物中心部に、暖炉を配置し、その煙突余熱を、ロフトまで2重煙突で、つないでいる。暖炉への空気導入は、床下に配管した外気導入配管によって、
暖炉に、常に外部からの新鮮な空気を送り込んでいる。垂木は、ポリスチレンボード2重構造とし、
インナーとアウターサーキットで、空気循環をして淡路島のロフトの暑さ対策に、効果をあげている。(ラ・ウーベ淡路島レンタルコテージ参照)
                  エコホーム  ムラトピアへのリンクhttp://www.muratopia.org/

            エコホームつくり http://www.muratopia.org/Awaji/Live/EcoHome/index.html

温泉山岳ホテルインテリア デザイン設計リンク 
Hot-Springs mountains hotel


Renature canoe

Sea side of the downtown in Seattle  から北へ向かうRoute99沿いにはたくさんのBoat Shopが併設されている。
元プロスキーの Top Ski Demonnstratorだったオーナーより、スイス山岳のAndermatt等に見られる
スイスの山岳ホテル内外装イメージをモデルとしたホテル改装の依頼を受けた。

その一つのファクターがカヌーの買い付け依頼であった。
Route99通りはアンテック資材の宝庫で、ふさわしいボートが見つかったとシアトルから連絡すると
6か月のworking daysにも拘わらずにオーナーから二つ返事で、発注の指示を受けた。

オーナーは能登半島の石川県穴水町の港の係留基地に総チーク造りの帆船を所有している。

Image Click

English clicks picture here
Activity's Animation distribution
Picture processing photoshop cs6

乃木坂:Nogizaka is the beginning of my skiing life and became the starting point of the beginning with Mr. Takahashi who became a bestie.
To the place which went down Nogizaka
There was an interview company of the under-exclusive-contract [ with the Zaou condominium resort hotel ] Prosky school of the first position.
If the elevator of a company is taken, Mr. Shinichi Chiba will have got in.
Since it got down on the same story, I wondered.With grand piano, the pianist was playing the piano in the large room.
The dogged bodyguard met and I showed around in inside.
Mr. Shinichi Chiba was a prearrangement of photography of a Mammoth Mountain descent of California of the United States
of the Fukuhara film manufacture.
It was an object for photography of the full-scale promotional video for condominium hotels made in the Zaou ski resort.
Then,It was shown by Diskobar of the underground of a condominium hotel every day those days.
The hotel has given up its business now.

乃木坂は私のスキー人生の始まりであり、親友となった高橋氏との最初の原点になった。乃木坂を下ったところに
最初の就職先の蔵王コンドミニアムリゾートホテル専属プロスキースクールの面接会社があった。
会社のエレベーターに乗ると千葉真一さんが乗り込んできた。
同じ階で降りたので、不思議に思ったが、オフィイスは広い部屋にグランドピアノが置いてあり、ピアニストがピアノを弾いていた。
頑強なボデーガードが出迎えて、中に案内された。
千葉真一さんは福原フイルム製作のアメリカのCaliforniaのMammoth Mountain滑降の撮影の打ち合わせだった。
蔵王スキーリゾートにできた本格的なコンドミニアムホテル用のプロモーションビデオの撮影用だった。
その後、当時コンドミニアムホテルの地下のデスコで、毎日上映されていた。
現在ホテルは廃業している。

Seattle
Sea side of the downtown in Seattle from -- I go to north -- Boat Shop of the scad is put side by side for meeting Route99.
The owner who was former Prosky's Top Ski Demonnstrator sees at Suisse mountains' Andermatt, etc.
I received the request of the hotel modification which made the model the exterior image in a mountains hotel of the Suisse.

The one factor was a purchase request of a canoe.

If it informs from Seattle that Route99 (kinds of Routes) are the treasuries of antique materials, and the suitable boat was found in them
Willingly, I received directions of order from the owner in spite of working days for six months.

The owner owns the caique of the total teak structure on the moornig base of the harbor in Anamizu-cho, Ishikawa in 能登半島:Noto hanto >Noto Peninsula

Washington State Route99 which escapes from the downtown by the side of the sea in Seattle is a treasury of a boathouse shop and a recycled article shop
In order to use an antique as the element of an improvement in image,I saw the canoe and I walked,
but I got interested in the antique handmaid canoe currently exhibited by The Center For Wooden Boats in Seattle.
Then, to the restoration consultant engineer of the Boat center, I was able to carry out the manufacture request of the same canoe for hunting,
and was able to exhibit as interior design after the half-year in the hotel. The wood of a Botho is Red Schieder of tree species about a substantiality.
It seems that I had manufactured the oar by the hickory, and it is lightweight [ single hand carriable ] and was used as an object for short-term hunting.
To the request of liking to introduce in Japan, there is pleasant consent about a restoration consultant engineer's canoe manufacture
with a Boat Palazzo superintendent, and I appreciated the depth of a Columbian's permission.

Therefore, this canoe for hunting is manufactured by the tradition construction method reproduced faithfully in how to make that time.
And I can actually use it. Whenever a Hot-Springs mountains hotel looks at the canoe boat currently exhibited and kept carefully,
the nostalgic memory by a boathouse revives.

The superintendent Thank you. Lower photographs are a hotel and its canoe for hunting.
And it is the canoe photograph which apply half a year, and a consultant engineer is a house, has a canoe
This canoe is keeping it carefully on the head of a main dining room entrance.


シアトルの海側のダウンタウンを抜けるWashington State Route99はボートハウスショップと再生品ショップの宝庫である。アンティ-クをイメージアップの要素にするために
、カヌーを見て歩いたが、シアトルにあるThe Center For Wooden Boatsで、展示されている、アンティ-クハンドメイドカヌーに興味を持った。そこでボートセンターの修復技能士に、
同様の狩猟用カヌーを製作依頼し、半年後、ホテルに、インテリアとして展示することができた。ボートの木材は本体を樹種のレッドシーダー
オールはヒッコリーで製作してあり、片手で運搬可能な軽量さで、短期狩猟用として、使われていたようです。日本で紹介したいという要請に対して、
ボート博物館館長と、修復技能士のカヌー製作に関する快い承諾があり、アメリカ人の、許容の深さに感謝しました。
よって、この狩猟用カヌーは当時の作り方を忠実に再現した伝統工法で製作されています。そして実際に使用可能です。
温泉山岳ホテルが大切に展示・保管
されているカヌーボートを見るたびに、
ボートハウスでの、懐かしい記憶がよみがえります。

館長さん ありがとうございました。 下の写真が、ホテルとその
狩猟用カヌーです。
そして技能士が半年かけてご自宅で、狩猟用カヌーを製作されて送っていただいたそのカヌー写真です。      
メインダイニング入口の頭上に大切に保管しています。


Image click

The log house of Andermatt
The starting point of a log house design concept The draft of a sister city

History of a sister tie-up

Tokyo of the spring of 1982, history of the sister tie-up with a Suisse Andermatt
Tokyo of the spring of 1982 and the history of the sister tie-up with Suisse Andermatt start here.
Three men and women gathered in a certain family restaurant along the route246.
They are Nobuaki Takahashi, Akemi Goto, and Noriko Nagai.
Nobuaki Takahashi began to manage the skiing school, skiing area [ the Echovalley ski resort ],
and Akemi Goto was a skiing school attendance student of Takahashi's Shiga plateau age. Noriko Nagai was Akemi Goto's friend.
I have just opened the Echovalley ski resort , and Takahashi had helped PR activities of the side skiing resort of school management.
And the school which Takahashi manages is establishing the Tokyo office in the Shibuya 道玄坂:dougen saka of Tokyo,
and was also holding an additional post of a role of a Tokyo office of the Echovalley ski resort . The new rezort started as a new skiing area in Nagano had
the indispensable publicity work for surely raising the notability. Then, as a special feature of the Takahashi, Goto,
and Nagai's PR activities of three persons,they gathered in order to explore Potential of the friendship city of Suisse.
A proposer is Akemi Goto , his fiance was in Noriko Nagai, the friend, at the Suisse, and there was an enviroment where she borrowed a birr.
The master plan which promotes the sister tie-up with a Suisse Ander Matt here will be elaborated, and Noriko Nagai will cross to a Suisse
as a messenger for it. I established the secretariate of sister tie-up promotion in Takahashi's 道玄坂:dougen saka office, and it also started
PR activities simultaneously involved in a sister tie-up.

姉妹提携の歴史

1982年春の東京、Suisse Andermattとの姉妹提携の歴史はここで始まる。国道246号沿いのあるファミリィーレストランに3人の男女が集った。
高橋信昭、後藤明美、永井紀子である。
高橋信昭(Nobuaki Takahashi)はエコーバレースキー場でスキースクールの経営を始め、後藤明美は高橋の志賀高原時代のスキースクール受講生であった。永井紀子は後藤明美の友人であった。
エコーバレースキー場は開場したばかりで、高橋はスクール経営の傍らスキー場のPR活動を手伝っていた。そして高橋の経営するスクールは東京の渋谷道玄坂
東京事務所を構えており、エコーバレースキー場の東京事務所としての役割も兼務していた。長野で新設のスキー場としてスタートしたエコーバレーは、
どうしてもその知名度を上げるための広報活動が必要不可欠であった。そこで高橋・後藤・永井の3名はPR活動の目玉として、Suisse とのPotential of a sister city を探るために集まったのだ。
発案者は後藤明美(Akemi Gotou)であり、その友人の永井紀子にはスイスに婚約者がおり、彼に力を借りる環境があった。 ここでスイス・アンデルマットとの姉妹提携を推進する基本計画が練られ、
そのための使者として永井紀子(Noriko Nagai)はスイスに渡ることになった。姉妹提携推進の事務局は高橋の道玄坂事務所に置き、同時に姉妹提携に絡むPR活動も開始した。

Corporate Identity-The image strategy of a company

The head office of almost all skiing Partin media was located in Tokyo, and it was a suitable enviroment for publicity work.
The peak of the fate connected with the highest point which looks at the star of two peaks in the world


Furu Pass-Furuka Pass
I am in the relation of a sister city with the same initial of the Alphabet.
-Japan Pass and EuroPass -The highest point of each peak learns even an illusion that the number of the worlds is one under the same telluric starlit sky.
We also started the Mt. Yatsugatake circumference basic development mythos of resort law once in the conference room of the Mitui Building in front of Washington Hotel .
A former Nihon Keizai Shimbun Chief editorial writer, Mr. Shimaya told us the plan development staff.
I pursue how each factor is interactively connected from the starting point of one , and whether there is any accuracy based on the fact.
which always needs to ask the starting point for a sooth and needs to pull out the greatest potential of the area correctly in the mythos of a basic design
If the starting point is compared to Asunaro duction to a new way through much declensions from one pillar.
It is a power spot while it is a watershed for going to just various ways.
The language of katuichirou kamei which told the dearness of training self severely as honorable in difficulties can teach.
A trip is a brachpoint which can perform redo of life and is the beginning of a new route.

Alphabetの同じ頭文字を持つ姉妹都市のリレーションの中にある。
-日本とEURO-それぞれの峠の最高地点は、地球の同じ星空の下で、世界が一つであると錯覚すら覚える。
かつてわたしたちも、リゾート法の八ヶ岳周辺基本開発構想を東京西新宿のワシントンホテルの前の Mitui Buildingの会議室で
この時の開発構想の頭脳的役割を果たした元日本経済新聞論説委員長のMr.島谷(Simaya)が企画開発スタッフに語った。
それぞれのファクターが、一つのの原点からどのようにインタラクティブに結び付いているか、そして事実に基づく正確性があるかを追求する。
基本設計の構想には、常に原点に真実を求め、その地域の最大のポテンシャル
正確に引き出す必要がある.

その原点アスナロに例えるなら
アスナロという名の銘木は、一本の柱から数々の屈折を経て新しい道への再生への出発点でもある。
まさにいろんな道へ進むための分水嶺であると同時にパワースポットである。
苦労を光栄として厳しく自己を鍛えることの大切さ亀井勝一郎氏の言葉から学ぶことができる。
は人生の再出発のできる分岐点であり、新たな道程の始まりである。


Effective use of Japanese thinner timber
The scrap wood of Larix kaempferi will raise a synergistic effect to the energy-saving heating of an effect and a cold district which attains to far-infrared rays.
The heating during the winter of this hotel makes the wood stove the main heat sources.
I am using the heating image of halosenniemi of the naturalism of Finland as the motif.
And I contribute to saving of heating cost greatly.

Flue working drawing Image click


緑友荘:ryokuyuusou
The living of this building (private house) is reusing this wood stove as a resort office as a prime heat source of an old wooden native building.
Karuizawa Town Nagano Prefecture

Firewood is burning Larch of Japan. The quality of the material of a stove uses Wrought iron
which is the material of the pillar of a skyscraper. Far infrared effect by combustion of firewood has reached the whole building.


shop concept1.htmlへのリンク

The Center For Wooden Boat&The hand maker of a canoe
The Boat House is performing preservation and restoration of the traditional canoe.
The duplicate of this canoe is exhibited by the ceiling of the lounge of the mountains sport hotel
which considered the city established a sister-town relationship with
Switzerland Andermatt


Image click
A part of design activities of Seattle Toho Corporation of those days
The present of the precious traditional canoe for hunting from the Seattle boathouse
The boathouse is saving with the historical value of a canoe. The movment of the boathouse is teaching
the children of the future how they enjoy
a new style through the design, and creation and manufacture.
The Center for Wooden Boats http://cwb.org/ へのリンク

http://www.euro-log.jp/pageon/minilog.htm へのリンク